【自己出版作家必見!】Amazon KDPで売れる本をリサーチする方法!

Amazonkindle出版 リサーチ方法を極める! Amazonkindle出版

【リサーチの重要性を知ろう】

自己出版作家として成功するためには、情報収集とリサーチが欠かせません。

リサーチは作品をより多くの読者に届けるための戦略を練り、市場の需要に合った魅力的な作品を生み出すための重要な手段です。

今回の記事では、Amazon KindleのKDPを利用して本を出す過程で、具体的にどんな作品が売れるのかをリサーチする方法に焦点を当てて解説していきたいと思います。

初心者だと何を見ればい良いのかわかりませんよね、超わかります!

私も経験して失敗しながら学んだので、皆さんはここで正確な情報と知識を得て、Amazonkindle出版で成功への第一歩を踏み出していきましょう。

リサーチ方法ってどんなものがあるの?

Amazon KDPで本を出す過程で具体的に売れるかどうかをリサーチする方法は以下を実施していきます。

簡単にまずは内容を把握していきましょう。

  • マーケットリサーチ:AmazonのKindleストアや書籍部門で売れ筋ランキングをチェックし、自分が執筆しようと考えているジャンルやテーマでどのような本が売れているかを調査します。また、類似するタイトルのレビューや評価も参考にすると良いでしょう。
  • キーワードリサーチ:売れる可能性の高いキーワードをリサーチしましょう。Googleのキーワードプランナーやキーワードリサーチツールを使って、関連するキーワードの検索ボリュームや競合度を調べます。これにより、どのようなキーワードが読者によく検索されるかを把握できるのでGoogleキーワードプランナーはめちゃくちゃ使います!
  • カバーとタイトルのリサーチ:売れる本のカバーやタイトルのデザインを調べましょう。目を引くデザインや興味を引くタイトルが、読者にアプローチする上で重要な要素となります。
  • 類似作品の調査:自分の執筆する内容と似たような本が既にAmazon KDPで販売されている場合、その類似作品の売れ行きやレビューを調査していきましょう。競合作品の評価を分析することで、自分の本の差別化や改善点を見つけることができます。
  • ソーシャルメディアリサーチ:自分の執筆するテーマやジャンルに関連するソーシャルメディアで読者の声やニーズをリサーチします。読者の要望や興味を把握することで、ターゲットを的確に絞り込むことができます。
  • プレリリースや先行販売の活用:Amazonkindle出版では家族や友人に無料で本をプレゼント出来たりもするので、自分の執筆した本をプレリリースや先行販売してみることで、読者の反応や興味を確認できます。先行販売時にレビューや評価を集めることで、公開時に売れ行きを促進することができます。

これらのリサーチを通じて、自分の執筆する本の市場における需要や競合状況をしっかりと把握し、売れる可能性を高めるための戦略(プラン)を立てることが本当に重要です。

ただし、市場の動向は常に変化するため、リサーチを継続的に行いながら適切なアプローチを見つけていくことが一番大切です。(日々行動、日々邁進ですね!)

それでは具体的な方法を解説していきます。

「マーケットリサーチ」を理解する

マーケットリサーチはAmazonのKindleストアや書籍部門で売れ筋ランキングをチェックすることから始めることができます。

以下に、マーケットリサーチを行う具体的な方法です。

  1. AmazonのKindleストアでの売れ筋ランキングの確認: AmazonのKindleストアにアクセスし、自分が興味を持っているジャンルやテーマの売れ筋ランキングをチェックします。売れ筋ランキングはカテゴリごとに異なるため、自分の本を出す予定のカテゴリを選択してチェックしましょう。
  2. 同じジャンルやテーマの類似作品の確認: 売れ筋ランキングに表示される類似作品や競合作品を調査します。自分の執筆する内容と似たような本がどのように売れているかを分析し、成功例や傾向を把握します。
  3. レビューや評価の確認: 類似作品や競合作品のレビューや評価を確認します。読者のフィードバックや評価は、本のクオリティやニーズを理解する上で重要な情報源となります。
  4. ソーシャルメディアやフォーラムのリサーチ: 自分の執筆するテーマやジャンルに関連するソーシャルメディアやフォーラムで、読者の声や要望を調査します。特定のコミュニティでどのようなニーズがあるかを知ることで、ターゲットを絞り込む手がかりになります。
  5. キーワードリサーチ: Googleのキーワードプランナーやキーワードリサーチツールを使用して、自分の執筆するテーマやジャンルに関連するキーワードの検索ボリュームや競合度を調査します。これにより、どのようなキーワードが検索されやすいかを把握できます。

これらの方法を組み合わせてマーケットリサーチを行い、自分の執筆する本の需要や競合状況を理解することが大切です。

マーケットリサーチの結果を元に、ターゲットを絞り込み、売れる本を執筆するための戦略を立てましょう。

「キーワードリサーチ」を理解する!

キーワードリサーチは、自分の執筆する本のテーマやジャンルに関連する検索キーワードを調査する方法です。

キーワードリサーチを行うことで、どのようなキーワードが検索されやすいかや競合度を把握し、自分の本をより多くの読者に見つけてもらいやすくなるので結構重要です。

以下は、キーワードリサーチを行う手順の概要です。

  1. Googleのキーワードプランナーを使用(https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/): Googleのキーワードプランナーは無料のツールで、Google広告のアカウントを持っている必要がありますので持っていなければ作っておきましょう。ツールにアクセスし、自分の本のテーマやジャンルに関連するキーワードを入力します。キーワードプランナーは、検索ボリュームや競合度などの情報を教えてくれます。
  2. キーワードリサーチツールを利用: Googleの他にも、多くのキーワードリサーチツールがあります。これらのツールを使って、検索ボリュームや競合度を調査することができます。代表的なツールとしては、「KeywordTool.io」「Ubersuggest」「Semrush」などがあります。
  3. 競合作品や類似本のキーワードを調査: AmazonのKindleストアや他のオンライン書店で、競合作品や類似本のタイトルや商品説明文を調査します。これにより、競合作品がどのようなキーワードを使っているかを把握し、自分の本のキーワード候補を見つけることができます。
  4. 関連するSNSコミュニティをリサーチ: 自分の執筆するテーマやジャンルに関連するSNSのコミュニティをリサーチし、そこでよく使われるキーワードを把握します。読者のニーズや興味を理解する上で、コミュニティ内のキーワードは非常に参考になります。
  5. 複数のキーワードを組み合わせて戦略を立てる: キーワードリサーチで得られた情報を元に、自分の本のタイトルや商品説明文に使うキーワードを選定します。競合が激しいキーワードだけでなく、特定のニーズに対応したロングテールキーワード(長いフレーズ)を組み合わせることで、よりターゲットを絞り込んだマーケティングが可能となります。

キーワードリサーチは、売れる本を執筆するための重要な一歩です。

キーワードを効果的に選定することで、読者に見つけてもらいやすくなり、売上向上につなげることができます。

「カバーアートとタイトルのリサーチ」を理解する!

カバーアート(カバー)とタイトルのリサーチは、自分の本がどのようなデザインやタイトルになると成功するのかを考える事に繋がります。

他の成功した本との差別化することがとっても重要です。

以下は、カバーアートとタイトルのリサーチを行うための方法です。

  1. 同ジャンルの成功した本をリサーチ: 自分の執筆する本と同じジャンルの成功した本をリサーチします。AmazonのKindleストアや書店で人気のある本をチェックし、それらのカバーアートとタイトルを観察します。成功した本の共通点や特徴を把握することで、自分の本のデザインやタイトルに活かすことができます。
  2. ターゲット読者に合ったデザインとタイトルを検討: 自分の本のターゲット読者をよく理解し、彼らが好むデザインやタイトルを考えます。例えば、自己啓発系の本を書く場合は、シンプルで分かりやすいデザインや効果的なタイトルが魅力的です。また、小説やミステリーの場合は、謎めいたカバーアートや引き込まれるようなタイトルが良いかもしれません。
  3. 信頼している仲間や家族、読者に意見を聞く: 友人や家族などに、自分が考えているカバーアートやタイトルのアイデアを見せて意見を聞いてみると良いです。また、SNSやメールリストを活用して、読者にアンケートを行い、彼らが好むデザインやタイトルを調査することも有効です。
  4. プロのデザイナーに相談する: 自分でカバーアートをデザインする自信がない場合は、プロのデザイナーに相談してみるのも良いでしょう。(※ココナラ最強です)ただし、デザイナーに依頼する場合コストがかかりますのでご注意ください!
  5. アプリやオンラインツールを利用する: デザインに詳しくない場合でも、カバーアートを作成するためのアプリやオンラインツールがあります。これらのツールを使って、自分のアイデアを形にすることができます。(CANVAやchatGPTのAIに聞いてもOKです)

カバーアートとタイトルは、読者の目に留まる重要な要素です。

他の本と差別化し、ターゲット読者の興味を引くようなデザインとタイトルを選定することで、自己出版した本の成功につなげることができます。

「類似作品の調査」を理解する!

類似作品の調査は以下の方法で行うことができます。

  1. 書店やオンラインストアの検索: 書店やオンラインストア(AmazonのKindleストアなど)で自分の執筆するジャンルやテーマに関連する作品を検索します。キーワードを使用して検索すると、関連性の高い本が表示される場合があります。
  2. カテゴリーの探索: 自分の執筆するジャンルやテーマに該当するカテゴリーを調査し、その中で成功している作品を探します。特にAmazonのKindleストアでは、細かいカテゴリーが設定されているため、自分の本がどのようなカテゴリーに適しているかを把握すると良いでしょう。
  3. ベストセラーやランキングの確認: 書店やオンラインストアでのベストセラーリストやランキングを確認して、類似作品を見つけることができます。特にベストセラーとなっている作品は、そのジャンルやテーマにおいて需要があるということになります。
  4. 類似本のレビューを読む: 類似作品のレビューを読むことで、読者の反応や評価を知ることができます。良い点や改善点などの情報を得ることで、自分の本に活かすことができます。
  5. 信頼している仲間や家族、読者に意見を聞く: 自分が考えている類似作品のアイデアを友人や家族、読者に見せて意見を聞いてみると良いです。彼らの意見を参考にして、自分の本をより魅力的にすることができます。

類似作品の調査を通じて、自分の執筆するジャンルやテーマにおいてどのような作品が人気なのか、どのような要素が読者に魅力的に映るのかを把握することが重要です。

これらの情報を活用して、自己出版した本がより成功するようなアプローチを考えることができます。

「ソーシャルメディアリサーチ」を理解する!

今では誰しもが使っている、SNSメディアを使用し、リサーチを行っていきましょう!

ソーシャルメディアのリサーチは以下の方法で行うことができます。

  1. キーワード検索: 自分の執筆するジャンルやテーマに関連するキーワードを使って、ソーシャルメディア内での投稿や話題を検索します。TwitterのハッシュタグやFacebookのグループ、Redditのサブレディットなどが有効な情報源となります。(Yahoo!の知恵袋も有効!!!)
  2. グループ・コミュニティの参加: 関連するテーマのグループやコミュニティに参加し、その中での議論やトピックをリサーチしていきます。参加しているメンバーの意見やニーズを把握し、自分の執筆する内容にどのようなアプローチが求められているかを知ることができるのでかなり便利です。
  3. コメントや投稿の分析: ソーシャルメディアで他の執筆者の投稿や読者のコメントを分析します。共感を呼ぶようなトピックや人気のある意見、話題になっているニュースなどを把握し、自分の執筆に活かすことができます。
  4. フォロワーやメンバーのプロフィールチェック: 関連するテーマのフォロワーやメンバーのプロフィールをチェックし、どのような属性の人たちが興味を持っているかを把握します。ターゲット読者の特徴を理解することで、自分の執筆に合ったアプローチを考えることができます(戦略)。
  5. アンケートや投票の利用: ソーシャルメディアを利用してアンケートや投票を実施し、読者の意見やニーズを直接聞くことができます。参加者の意見を参考にして、自分の執筆に取り入れるアイデアを得ることができます。(インスタ、Twitterなど、かなり便利ですので使ってみましょう!)

ソーシャルメディア内でのリサーチを通じて、読者のニーズや興味を把握し、より魅力的な執筆内容を書くことができるので、使わない手はありません。

また、FacebookやTwitterなどのコミュニティに参加することで、自分の執筆をより多くの人に知ってもらう機会を増やすこともできます。

ただし、他のメンバーとの交流では、適切なマナーやコミュニケーションを心掛けることが大切です。(※SNSリテラシーを学び節度を守りましょう)

「プレリリースや先行販売の活用をしてレビューを集め調査する」ことを理解する!

プレリリースや先行販売は、本のリリース前に読者の興味を引きつけたり、注目を集めたりする効果的な手法です。

以下は、それらを活用する方法についての具体的なアプローチ方法です。

  1. プレリリースの活用: 本のリリース前に一定期間、プレリリースとして本の情報を公開します。これにより、読者に本の存在を事前に知らせ、興味を沸かすことができます。プレリリースの際には、以下のような方法を試してみてください。
  • ブログやSNSでプレリリース告知:自分のブログやSNSアカウントを活用して、プレリリースの告知を行います。本の内容や魅力を簡潔に伝え、リリース日の予告を行います。
  • メーリングリストの活用:自分のメルマガなどのメーリングリストに登録している読者に対して、プレリリースの情報を特別にお知らせします。読者が期待を持てるような内容や特典を提示すると効果的です。
  • 試し読みの提供:一部の章やコンテンツを試し読みとして公開し、読者に本の内容を味わってもらうことで興味を引きます。
  • プレオーダーの設定:Amazon Kindleなどのプラットフォームでは、プレオーダー(先行予約)を設定することができます。リリース前に予約を受け付けることで、リリース日に一斉に売上が集中する可能性があります。
  1. 先行販売の活用: 先行販売は、リリース前に限定的な数の本を先行販売する方法です。限られた数の本を先行販売することで、希少性を高め、読者の購買意欲を高めることができます。以下のような方法で先行販売を活用してみてください。
  • 限定版の販売:通常版とは異なる限定版の本を先行販売することで、特別感を演出します。限定版には特典やサイン本などの付加価値を付けることができます。
  • 限定の販売ページ:先行販売用に専用の販売ページを作成し、読者にアクセスさせます。リリース日前に読者に先行アクセスを提供することで、特別感を演出します。

プレリリースや先行販売を活用することで、本のリリースをより効果的に宣伝し、読者の関心を高めることができます。

ただし、先行販売やプレリリースを行う場合は、宣伝や販売ページの設定などに注意して、読者のニーズに合った魅力的なコンテンツを提供するよう心掛けましょう。

まとめ

リサーチは、自己出版作家が成功するために不可欠なステップです。

具体的には、ジャンルやターゲット読者を特定し、競合作品やトレンドを分析することで、ニーズと需要を把握します。

また、読者の検索行動を理解し、ターゲットのキーワードを把握していき、カバーアートやタイトルのリサーチ、類似作品のデザインやタイトルを調査し、差別化するアプローチを独自に見つけだします。

そして、やはり、SNSメディアは宣伝の際も使いますが、リサーチでも必ず使いますので、重要です!ここでも読者の意見やニーズを把握することが出来ますし、コミュニケーションを築く手段に繋がり販路開拓にもなります。

さらに、最終的にはプレリリースや先行販売を活用して、本の注目度を高め、読者の関心を引きます。

これらのリサーチ手法を組み合わせることで、効果的なマーケティング戦略を立て、Amazonkindle作家として成功を収めることができるようになります。

最も重要なのは、顧客目線になり、リサーチをし、本を作ることです!

これからのあなたのAmazonkindle作家の世界が広がって、大成功しますように!

ーVol.3blog完

コメント

タイトルとURLをコピーしました